親と子のメンタルヘルス研究所

保育ソーシャルワーカー(保育相談支援の専門家)による親と子と先生のためのメンタルヘルス支援

トップ

 

コミュニケーション・トラブルの解消

教育現場で見られる、保護者と先生とのコミュニケーショントラブル、会社での上司や同僚とのトラブル、家族間でも ほんのささいな出来事からコミュニケーショントラブルは、発生するものです。



人は、誰でも自分の価値感、つまり「ものさし」を持っています。
それは、自分の人生の中で自然に出来上がったものです。


その
「ものさし」の最大の特徴

それは、「
自分のものさしの方が 正しい」という考えです。


誰でも、口には出さないとしても、自分の「ものさし」が正しいと思っています。

自分の「ものさし」を変えずに、相手の「ものさし」を変えさせようとすると必ず
コミュニケーショントラブルが発生します。



実は、「ものさし」は変える必要などないのです

「ものさし」は、あなた自身。

あなた自身を変える必要などないのです。


相手の「ものさし」は、「相手のものさし」。
自分の「ものさし」は、「自分のものさし」。それでよし!なのです。

自分の「ものさし」でないと駄目だ!
そう思うことなく、その場のその状況の「目的」に合わせて、どちらの「ものさし」を使うか選択することができるようになると、問題は解消されます。

この状況では、どちらの「ものさし」を使う方がよいのか

「ものさし」の選び方に気づいてもらうことが、支援の目的です。



認知療法の手法を使って、 「ものさし」の選び方を考えていきます。
相手の「ものさし」の目的、あなたの「ものさし」の目的を一緒に話しあいます。
相手の「ものさし」を使って、今ある出来事を考えてみる練習を行います。
自分の「ものさし」に誇りをもってもらいながら、自分の「ものさし」を他人に伝える、「伝え方」を考えます。
すべての「出来事」には「目的」や「目標」があることを一緒に考えていきます。
 
 
赤丸先生とのコミュニケーショントラブルの解消をサポート
赤丸職場や地域、保護者間のコミュニケーショントラブルの解消をサポート
赤丸配偶者、両親、ご家族の間のコミュニケーショントラブルの解消
 
 
赤丸保護者とのコミュニケーショントラブルの解消をサポート
赤丸職場内、職員間のコミュニケーショントラブルの解消をサポート
赤丸生徒、児童との間のコミュニケーショントラブルの解消をサポート
 
支援については、学校・教育委員会・スクールカウンセラーとの連携が必要となる場合があります。
赤丸友達との間のコミュニケーショントラブルの解消をサポート

赤丸先生との間のコミュニケーショントラブルの解消をサポート
赤丸保護者とのコミュニケーショントラブルの解消をサポート